池田陵真【大阪桐蔭】身長や経歴・成績・出身中学は?ドラフト候補で筋肉が凄い!

 

2021年の夏の甲子園大会が2年ぶりに開催され、大阪桐蔭の池田陵真選手が注目を浴びています。

そこで今回は、ドラフト候補であり、筋肉が凄いという、大阪桐蔭の池田陵真選手の身長や経歴・成績、出身中学などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

池田陵真のプロフィール・経歴・成績

 

名前:池田陵真(いけだ りょうま)

生年月日:2003年8月24日

出身地:大阪府和泉市

身長:172cm

体重:83kg

投打:右投げ右打ち

ポジション:外野手

 

小・中学校時代

池田陵真選手は、和泉市立国府小学校から軟式野球チームの和泉サークルズ少年野球部で野球を始めます。

小学校六年生時には、 オリックス・バファローズジュニアに選出されています。

中学校では、硬式野球チームの忠岡ボーイズに所属し、捕手として活躍しています。

中学3年生の時には、U15日本代表に選出され、主将兼4番打者としてけん引し、世界四位に貢献しています。

高校時代

高校は大阪桐蔭高校に進学し、1年生の秋から背番号8をつけ、ベンチ入りしています。

府大会5回戦からは1番バッターとして、打率.472、打点6の好成績で近畿準優勝に貢献しています。

2年生の夏の府大会では、2戦連発を含む3本塁打を放ち、プロからは、右の強打者として高く評価をされています。

 

2年生の秋の予選では、主将で4番という重責を担い、大阪大会優勝、そして近畿大会準優勝を達成しています。

11試合の合計は、33打数で17安打8長打を量産し、打率.515、本塁打3本(3戦連発)打点19の好成績を残しました。

3年生春の選抜には、優勝候補として挑むも、智弁学園に6対8で敗れ1回戦で敗退してしまいました。

池田陵真の出身校(小学校・中学・高校)

池田陵真選手の出身小学校は、和泉市立国府小学校です。

和泉サークルズで野球を始め、6年生でオリックスジュニアに選出される。

出身中学校は、和泉市立和泉中学校です。

硬式野球チームの忠岡ボーイズで捕手として活躍し、中3ではU15日本代表に選出され、主将兼4番打者として活躍。

そして高校は、大阪桐蔭高校で、1年生からベンチ入りし、2年生では主将兼四番打者に!

 

池田陵真はベンチプレスで筋肉隆々

 

ベンチプレスは120キロを上げ、スクワットは200キロ以上という、圧倒的な存在感で、「筋肉パンパン」というガタイからは、強烈な打球を打ち返す4番打者です。

参考までに、日本人の成人男性の平均的なベンチプレスの重量は、40kgと言われています。

平均の3倍ですから、そのすごさがわかりますね~

そして、スイングスピードを上げるために、素振りでも通常のバットではなく、重いマスコットバットを使用しているそうです。

見るからに筋肉隆々ですね~

 

スポンサーリンク

 

プロスカウトの評価は

プロスカウトの評価は、次のとおりです。

・「もともとスピード系、瞬発力のある選手。今年の春にはパワー系に変わった印象を受けていた。今後も注目していきたい。」

・「スイングの強さは今年の右の強打者の中でもトップクラスでしょう。大阪桐蔭高の中で主力を張れる選手は、心技体とも高いレベルだと評価できます」

・「小柄でもスイングがシャープ」

・「スイングの強さを甲子園の舞台で見せられるかでしょう」

池田陵真の経歴や成績まとめ

今回は、ドラフト候補であり、筋肉が凄いという、大阪桐蔭の池田陵真選手の身長や経歴・成績、出身中学などについて見てきました。

池田陵真選手は、小学校から野球を始め、小学校六年生時には、 オリックスジュニアに選出されています。

中学校では、捕手として活躍し、中学3年生の時には、U15日本代表に選出され、主将兼4番打者として世界四位に貢献。

高校時代は1年生からベンチ入りし、その後1番バッターとして好成績を残します。

2年生で主将兼四番に座り、3戦連続本塁打を放つなど、プロも高評価。

ベンチプレスで筋肉隆々の体は、圧倒的な存在感があります。

今回の甲子園大会では、大暴れしてくれるのではないでしょうか。

今後ますます池田選手から目が離せませんね!!

野球
スポンサーリンク
つよっしー!のブログ