【野球】ジェレミー・ブライヒの経歴と学歴!スタンフォード大卒の超エリート!?

 

東京五輪・野球のイスラエル代表のジェレミー・ブライヒ選手が異色の左腕で、経歴や学歴が凄いと評判になっています。

そこで今回は、スタンフォード大卒の超エリートである、ジェレミー・ブライヒの経歴と学歴を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ジェレミー・ブライヒの経歴

 

名前:ジェレミー・ブライヒ

生年月日:1987年6月18日

年齢:34歳

出身地:ルイジアナ州ジェファーソン郡メテリー

身長:188cm

体重:97.5kg

ポジション:投手

 

ジェレミー・ブライヒ選手は、2008年のMLBドラフト1巡目追補(全体44位)でニューヨーク・ヤンキースから指名され、プロ入りします。

契約後は、傘下のA-級スタテンアイランド・ヤンキースでプロデビューします。

しかし、2010年にシーズン中盤に左肩上唇の手術のため戦線離脱、翌年もリハビリのためシーズンを棒に振っています

その後、2014年までは、ヤンキース傘下のチームでプレーします。

2014年、2015年はパイレーツとマイナー契約を結び、傘下のチームでプレー。

 

メジャーデビュー

その後、2018年にオークランド・アスレチックスとマイナー契約を結び、サンフランシスコ・ジャイアンツ戦でメジャーデビューを果たしています。

メジャーでの活躍はこの1年間だけになります。

12年間プロ野球選手として過ごしてきましたが、膝を痛め2019年に引退します。

その後はパイレーツのアシスタントスタッフとしてチームを支え、2020年の8月にはサマーキャンプの紅白戦でも1イニングを投げ注目を集めていました。

 

ジェレミー・ブライヒの学歴・大学

ジェレミー・ブライヒ選手は、スタンフォード大学卒業の秀才です。

しかも、2008年ヤンキースのドラフト1巡目補足指名という、超エリートでしたが、MLBでは0勝となっています。

スタンフォード大学卒業の秀才であれば、違った道もあったかも。

スタンフォード大学は偏差値80以上

スタンフォード大学の偏差値を日本で例えると、およそ80以上であると言われています。

現在は、パイレーツで球団職員として働くジェレミー・ブライヒ選手ですが、夢見た五輪出場に「子供の頃から見てきた、まだ実感が沸きません」と喜びを口にしているという。

 

スポンサーリンク

 

みんなの声は

頑張って欲しい!
メジャーリーガーと違い、この方には人生の一度きりの晴れ舞台には変わりない。

凄い大学を卒業しているし、インテリ野球選手はカッコいいな~

球団職員の五輪出場を支援するって素晴らしいね!

代表である程度成績を残せたら、日本でプレーをしてほしいかも。
頑張ってほしいです!

野球
スポンサーリンク
つよっしー!のブログ