木村大成【北海】経歴や成績・出身中学は?球速は150kmでドラフト候補!

 

2021年の夏の甲子園大会が2年ぶりに開催され、北海高校の木村大成選手が注目を浴びています。

そこで今回は、MAX150キロでドラフト候補との声もある、北海高校の木村大成選手の経歴や成績、出身中学などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

木村大成のプロフィール・経歴・成績

 

名前:木村大成(きむら たいせい)

生年月日:2003年9月12日

出身地:北海道北広島市

身長:180cm

体重:76kg

投打:左投げ左打ち

ポジション:投手

小中学校時代

木村大成選手は、小学校1年生から野球を始めています。

その後4年生からは、北広島・東部カープジュニアに所属しています。

中学時代は軟式野球部に所属し、中学3年生の時はエースで4番を任され、北海道中学軟式野球白老大会で準優勝を果たしています。

また、同大会では個人で優秀賞を受賞しており、準優勝の原動力となるなど、素晴らしい成績を収めています。

高校時代

高校は北海高校に入学し、入学直後から背番号13でベンチ入りを果たしています。

1年生で夏の大会のデビューを果たし、秋の予選では背番号1番をつけています。

しかし、地区初戦で強豪・札幌一と当たり、6回途中10失点の大敗を喫してしまいました。

2年生の夏の大会には、背番号17として出場し、いずれも救援で4試合8回を投げ、0点抑えるなどの好成績を残しています。

2年生の秋の予選からは、30.2回を投げ、41三振で0封の活躍を見せ、全道を制覇します。

3年生の春の選抜で全国デビューするも、神国附高校に10回2対3で敗れ、初戦で敗退しています。

木村大成の出身校(小学校・中学校・高校)

木村大成選手の出身小学校は、北広島市立東部小学校です。

小学校1年生から野球を始めています。

出身中学は、北広島市立東部中学校です。

中学校では、北広島・東部カープジュニアに所属し、エースで4番です。

 

そして高校は、北海高校です。

北海高校では、入学直後からベンチ入りするなど、その素質は際立っていたようです。

北海高校の道大会優勝の立役者として大活躍し、球速も145キロ、147キロ、そして150キロと投げるたびにMAX値を上げています。

木村大成の球速はMAX150キロ!

木村大成選手は、身長180cm・体重76kgと体格にも恵まれ、最速150キロの直球を持つスリークォーターの左腕です。

直球では常時130キロ台後半から、140キロ強のスピードを保っています。

試合を見に来ているプロスカウトの話でも、150キロが出た後も149、148と続いていたと言い、今秋のドラフト指名では、上位の可能性もあるという。

球種が豊富

木村大成選手は、150キロのスピードボールのほかに、110㌔台から120㌔台の切れの良いスライダー、そしてカーブ、チェンジアップなどの豊富な球種を持っています。

特に、柔らかい腕の振りから投じる、右打者の内角を突く真っ直ぐとスライダーが武器となっています。

スカウトのコメント

・「良いピッチャーだね。(センバツから)一つひとつ球種が着実にレベルアップしている。ブレーキが効くし空振りが取れるスライダーは武器」

・「春よりも体が大きくなってメリハリがありブレが少なく成長を感じる。伸びしろもまだあると思う」

・「このスライダーは高校生では対応するのが難しいと思う」

 

スポンサーリンク

 

木村大成の経歴や成績まとめ

今回は、MAX150キロでドラフト候補との声もある、北海高校の木村大成選手の経歴や成績、出身中学などについて見てきました。

木村大成選手は、小学校1年生から野球を始め、中学校ではエースで4番を任されるなど、実力と信頼のある選手ですね。

北海高校では、MAX150キロの直球を武器に、カーブ・スライダー・チェンジアップを駆使し、道大会を優勝に導いています。

夏の甲子園で実力を発揮し、ドラフトの目玉となってもらいたいですね!!

野球
スポンサーリンク
つよっしー!のブログ