高木翔斗【県岐阜商】経歴や成績・出身中学は?ドラフト候補で中日Jrの経験有

 

2021年の夏の甲子園大会が2年ぶりに開催され、県岐阜商の高木翔斗選手が注目を浴びています。

そこで今回は、ドラフト候補であり、中日Jr.の経験もあるという、県岐阜商の高木翔斗選手の経歴や成績、出身中学などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

高木翔斗のプロフィール・経歴・成績

 

名前:高木翔斗(たかぎ しょうと)

生年月日:2003年8月12日

出身地:岐阜県垂井町

身長:186cm

体重:87kg

投打:右投げ右打ち

ポジション:捕手

 

小・中学校時代

高木翔斗選手は、小学校1年生から野球を始め、軟式野球チームの「伊吹クラブ」に所属していました。

小学時代は投手兼内手としてプレーしています。

6年生の時には、中日ドラゴンズジュニアに選出されるなど、素質の片りんが伺えます。

その年の12球団対抗トーナメントでは、優勝を果たしています。

プロ野球のジュニアチーム入りをするのは、小学生でも全国レベルの選手が多く、その中で優勝を経験することは貴重な体験であると同時に、凄いことですね!

 

中学校では野球部には所属せず、岐阜フェニックスベースボールクラブという、クラブチームに所属していました。

中学3年生の時は、主将で4番キャッチャーを務め、全国中学生都道府県対抗野球大会に出場し、場外ホームランを放っています。

高校時代

高校は県岐阜商業に入学し、入学直後からベンチ入りを果たしています。

1年生ながら8番・捕手として東海大会に出場し、初戦の中部大一戦で右中間への2塁打を放っています。

1年生の秋からは5番・正捕手として活躍します。

県大会優勝、東海大会準優勝に貢献し、合計14試合で21安打1本塁打を放ち、打率.412、16打点(チーム1位)を記録しています。

下級生時代からドラフト候補として注目され、2年生の8月の交流戦で甲子園デビューを果たします。

プロスカウトの話では、打てる捕手として魅力を感じ、ノーステップでの飛距離もすごいと話しています。

高木翔斗の出身校(小学校・中学・高校)

高木翔斗選手の出身小学校は、垂井町立府中小学校です。

小学校1年生から野球を始め、6年生の時は中日ドラゴンズジュニアに選出されます。

出身中学校は、垂井町立府北中学校です。

中学校では、岐阜フェニックスベースボールクラブに所属し、主将で4番を打つなど、実績を積み上げながら、信頼も得ています。

そして高校は、県岐阜商業高校

高校入学後からベンチ入りするなど、すでに実力は認められており、5番正捕手として活躍します。

高木翔斗はドラフト候補で中日Jr.経験有

高木翔斗選手は、身長186cm・体重87kgという恵まれた体格を誇る捕手です。

スイング速度149キロで、振り切るスイングで左右にはじき返す右打者であり、勝負強い打撃でチャンスにも強い打者です。

2年生の8月下旬に行われた大阪桐蔭との練習試合では、ホームランを2発放っています。

また、捕手としても安定しており、二塁送球は最速1秒85と、常に2.0秒前後から2.0秒台を計測しています。

高3年夏に左越え3発を含む、高校通算20本塁打

プロスカウトの評価は

・「場面によって打ち分ける打撃センスがある」

・「攻撃型の捕手。リストが柔らかく長打力が魅力。送球の正確性がある」

・「打撃に関しては言うことがない。捕手としては全国でも上位クラスでしょう」

・「簡単な球ではなかったがスタンドに持っていく力がある」

 

スポンサーリンク

 

高木翔斗の経歴や成績まとめ

今回は、ドラフト候補であり、中日Jr.の経験もあるという、県岐阜商の高木翔斗選手の経歴や成績、出身中学などについて見てきました。

高木翔斗選手は、小学校1年生から野球を始め、6年生で中日ドラゴンズジュニアに選ばれるなど、抜群の野球センスを持っています。

中学3年生で、主将で4番を務め、全国大会では場外ホームランを放っています。

高校時代も入学後からベンチ入りし、その後正捕手となり、県岐阜商の中心選手として活躍しています。

甲子園での活躍や、ドラフト候補としても目が離せないですね!!

野球
スポンサーリンク
つよっしー!のブログ