TARAKO【声優】経歴や年齢・名前の由来は?ちびまる子ちゃんが人生を変えた?

 

アニメ「ちびまる子ちゃん」と言えば、声優のTARAKOさんが思い浮かぶほど、根強い人気を誇っていますね!

すでに「まる子役」を始めてから30年が経つという。

そこで今回は、ちびまる子ちゃんが人生を変えたといっても過言ではないという、TARAKOさんの経歴や年齢・名前の由来などを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

TARAKOの生い立ち

年齢・身長などのプロフィール

生年月日:1960年12月17日

年  齢:60歳

出 生  地:群馬県太田市

血 液  型:AB型

身  長:158cm

職  業: 声優、ナレーター、女優、シンガーソングライター、脚本家、エッセイスト

TARAKOさんは、群馬県太田市生まれの60歳

声優やナレーターはもちろんのこと、女優・シンガーソングライターなど、多くの顔を持っていますね。

TARAKOの経歴

声優デビューは

TARAKOさんの声優デビューは、1981年テレビアニメ『うる星やつら』で演じた幼稚園児役でした。

『うる星やつら』のオーディションでは、ヒロイン・ラム役のを受けましたが、落選してしまったようです。

しかしその際に、特徴ある声がスタッフに気に入られ、脇役としてほぼ毎回出演していたという。

何がいい方に転ぶかわかりませんね~

ちびまる子ちゃんが人気

1990年からは、『ちびまる子ちゃん』で主人公・まる子役を担当します。

そのちびまる子ちゃんが大人気作品になり、知名度も上がったことから、バラエティ番組の司会やナレーターとしての活動も活発になります。

TARAKOさんが『ちびまる子ちゃん』のオーディションで主役のまる子に選ばれたのは、TARAKOさんの声が原作者のさくらももこさんの声と、そっくりだったからという理由からでした。

 

TARAKOさんはそれまで、ずっとオーディションに落ちまくっていたそうです。

ちびまる子ちゃんのオーディションに受かった時も、事務所のみんなが驚いていたようでした。

ちびまる子ちゃんが始まったころは、ワンクールで終わるだろうと言われていたそうで、その後に人気に火が付き、あっという間に売れっ子スターになったそうです。

TARAKOさんは、まる子に人生を救ってもらったようなものと話しています。

 

TARAKOの芸名の由来は

TARAKOさんの芸名の由来は、学生時代、『サザエさん』のフグ田タラオ(タラちゃん)のようなしゃべり方だったために、友人から付けられたニックネームだそうです。

「タラオ」の女の子バージョンで「タラ」+「コ」のようです。

それをローマ字表記にし、芸名としたそうです。

そう考えると、タラちゃんのしゃべり方と、まる子のしゃべり方は確かに似ていますね!

歌手のイルカさんともちょっと声質が似てますよね~

混同する人もいたかもしれませんね!

みんなの声は

シンガー・ソングライターのTARAKOさんが好きです、最近は新作が無くて寂しい限りです、バラードセレクションがお奨め、ライブも再開してほしいです!

TARAKO姐さんがタラコのおにぎりに当たった話好きです。

話を聞いてると、本当にさくら先生と声が似ていたらしく、ほぼ自叙伝の「ちびまる子ちゃん」をやる上で一番の適任者だったと言う話もあるみたいですね。

オールナイトニッポンにお二人が出演された回はリアルタイムで聞いてたのですが、確かに声はそっくりでした。
途中からどちらがももこ先生なのかわからなくなりました~

よほど声が似ていたのですね~

TARAKOさんは、イメージがまる子と同じで違和感ゼロですね!

 

スポンサーリンク

 

TARAKO【声優】経歴まとめ

今回は、ちびまる子ちゃんが人生を変えたといっても過言ではないという、TARAKOさんの経歴や年齢・名前の由来などを見てきました。

TARAKOさんの声優デビューは、テレビアニメ『うる星やつら』の幼稚園児役でしたね。

その後は、」ちびまる子ちゃんのまる子役で大ブレークを果たしましたね~

でも、そこに至るまでにはオーディションも受けては落ちての繰り返しという、厳しい状況だったようです。

さくらももこさんと声が似ているということで抜擢されたという、幸運もありますが、本人の努力の賜だったのでしょうね。

今後もさらなくご活躍を期待しています!!