鳥越俊太郎の現在の画像やがん闘病の経過は?家系図がでたらめの真偽は?

 

ジャーナリストの鳥越俊太郎氏と言えば、ダンディな格好とメリハリの利いた語り口で有名ですね。

今回は、鳥越俊太郎さんの現在の画像や、がん闘病の経過、家系図がでたらめという噂の真偽について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

鳥越俊太郎の現在の画像

鳥越俊太郎さんは、福岡県うきは市生まれで81歳になられますね。

2016年には、東京都知事選挙への立候補を表明しますが、小池百合子氏、増田寛也氏に次ぐ3位で落選。

小池知事への政策面への批判は、今でも行っており、元気に過ごされているようです。

 

 

スポンサーリンク

 

鳥越俊太郎のがん闘病の経過は

鳥越俊太郎さんは、ジャーナリストやタレントとして幅広く活躍されてきましたね。

鳥越さんは65歳の時にがんが発覚し、大腸がんのステージⅡと診断され、すぐに腹腔鏡手術を受けて治療しましたが、その後肺への転移が見つかったという。

医師には、当初のステージⅡは実際はステージⅣだと打ち明けられたそうです。

当初はリンパ節までの転移が認められずステージⅡと診断されたけれど、その後、肝臓や肺への転移が見つかってⅣに修正されたようです。

がんの闘病により大腸、左肺、右肺、肝臓と転移を繰り返して、4年間で4度の手術を受けたそうです。

さらに2019年5月にはジストの手術も受けていたという。

壮絶な戦いだったようですね~

現在は、再発していないようで、講演会や執筆活動など、幅広く活躍されているそうです。

「ファミリーヒストリー」の家系図の真偽

NHKの人気番組に「ファミリーヒストリー」という、著名人の家族の歴史を取材するドキュメンタリー番組がありますね。

鳥越俊太郎さんの「ファミリーヒストリー」では、鳥越さんの親戚が提供した家系図にもとづき、その祖先は「戦国大名・大友宗麟の家臣、鳥越興膳」であると紹介していました。

しかし、番組を見た鳥越家18代当主、鳥越光氏は「興膳はうちの先祖です」と放送内容を否定したそうです。

俊太郎氏の一家は近所の住民であり、偶然、姓が同じだっただけで、血縁関係はないということでした。

18代当主が言うのですから間違いはないと思いますよね~

 

その後、番組プロデューサーらと話し合いがもたれ、分が悪くなったのか、最後には「穏便にしましょう。これで終わらせましょう」ということでした。

しかし、その後の「朝日新聞」のインタビュー記事でも、俊太郎氏は自身の祖先が興膳である旨を発言していたという。

結局、抗議内容が鳥越俊太郎さんには伝わってなかったようです。

俊太郎さん自身は、「私は家系図については全く関与していません」と語っています。

真偽の結論については、うやむやのままの様ですね!

 

スポンサーリンク

 

鳥越俊太郎の現在まとめ

今回は、鳥越俊太郎さんの現在の画像や、がん闘病の経過、家系図がでたらめという噂の真偽について見てきました。

鳥越さんは年齢を重ねてはいますが、面影は変わっていませんね。

そして、大病を克服された今でも、精力的に活動しているみたいですね!

家系図の真偽については、結論が見えませんが、18代の当主がいうのであれば、間違ってはいないと感じますね。

小池知事批判も、まだまだ元気に行うようですので、今後の活躍も期待したいと思います。