東京・荒川の少年死亡の年齢や落ちた理由は何?なぜ身元の特定ができない!

 

東京都荒川区で10代少年が川に落ち、死亡するという事件が起こりました。

警察では身元の特定や状況を調べているという。

そこで今回は、東京・荒川の少年死亡の年齢や落ちた理由、なぜ身元の特定ができないかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

27日午後4時45分ごろ、東京都葛飾区堀切4丁目の荒川で「男性が川に落ち、沈んで上がってこない」と119番があり、救急隊員が川から少年を救助したが、搬送先の病院で間もなく亡くなったというものです。

葛飾署によると、死亡した少年は現場周辺で友人の少年ら数人と飲食していたという。

身元の特定を進めるとともに、当時の状況を調べている状況です。

現場は葛飾区と足立区をつなぐ堀切橋の北側の野球場付近のようです。

 

ちょっと意味不明のところがあるようですね。

友人と遊んでいたなら「男性が川に落ち、沈んで上がってこない」というのも違和感があり、そして友人なら身元の特定は簡単なはず。

少年が落ちた場所はどこ

現場は葛飾区と足立区をつなぐ堀切橋の北側の野球場付近ということで調べて見ました。

この辺りは、柵もあり一人で落ちるのは逆に難しそうですね。

少年の年齢・原因は

報道記事によってもいろいろな表現がされているようで、「少年」が、通報時には「男性」となっていたり、「10代半ばの少年」という記事もありました。

仮に10代半ばの少年であれば、悪ふざけが過ぎて落ちた、あるいは落とされた可能性もありますね。

また、記事を総合すると小学生くらいとは考えにくいですね。

事件や事故の両面から良く調査してもらいたいですね。

身元の特定ができない理由は

友人と飲食していたのであれば、亡くなった少年の、身元はすぐにわかると思いますよね!

でも、「身元を確認している」とは、友人?たちはすでにいなくなってしまったということでしょうか。

いずれにしても、今後の捜査状況を見守りしかないですね。

【追記】双子の兄が突き落とし容疑者

双子の弟が亡くなって、その兄が容疑者だったとは、あまりにも残酷な事実ですね!

事件に関してのコメントも掲載しました。

・育ててきた我が子を一人失い、その犯人が育ててきたもう一人の我が子とか、どう心を整理すればいいんだろう

・兄弟間でそんな事になるなんて、親は複雑だろうな。

・考えなしに悪ふざけで押しちゃったんだろうか…取り返しがつかないことしちゃったね…

 

スポンサーリンク

 

みんなの声は

『男性が川に落ちてあがってこない』男性とわかっていることから落ちる瞬間も見ていたとわかる。

でも、友人ならなぜ男性という言い方をしたのか。

少年とのことなので、未成年なのは間違い無いですが、年齢も書くべきです。

亡くなった少年の冥福を祈ります。

この段階でこの書き方だとまず飲酒で騒いでたと言う事ですね。

飲酒してふざけていて落ちたのか、いじめがあったのかきちんと調査していただきたいです。