【府中市】五輪自転車コースにアスファルトまいた会社員の勤務先や顔画像・目的は?

 

21日、東京・府中市で東京オリンピックの自転車ロード種目のコースになっている道路に、大量のアスファルトの粒が見つかったことで、警視庁は55歳の会社員を道路法違反の疑いで逮捕したという。

そこで、五輪自転車コースにアスファルトまいた会社員の勤務先や顔画像・目的などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件概要

事件の概要は、21日午前4時半ごろ、東京・府中市天神町の都道にアスファルトの粒が長さおよそ20メートル、幅3.5メートルにわたって散乱しているのが見つかったというもので、24日から行われる東京オリンピック自転車ロード種目のコースになっているものです。

警視庁は防犯カメラの映像を分析し、三鷹市の会社員が大型トラックで通行していたことから、逮捕したという。

警視庁の調べに対して「わざとやったわけではない」などと供述しているようです。

わざとやったわけでないのであれば、それを証明することを考えないとね。

しかも午前4時半と言えば、作業工程表に時間も明記されている。

でも、重量からすると気が付かないはずないよね~

 

場所はどこ?

東京・府中市天神町の都道ということで調べて見ました。

アスファルトをまいた会社員の名前・勤務先・顔画像・目的は?

現在のところでは、警視庁でも詳しいいきさつを調査しているということです。

でも会社員が独断で会社のトラックを使い、アスファルトを積んで、まいたと考えるのが普通ですね。

目的は東京五輪に反対する抗議なのでしょうか。

詳細が分かりましたら、追記していきたいと思います。

現在までに分かっていることは次のとおりです。

 

職  業:会社員

年  齢;55歳

住  所:東京都三鷹市

逮捕容疑:道路法違反

 

スポンサーリンク

 

みんなの声は

わざとじゃないなら、何故撒いてしまった時に自分から言わなかったのか。

散乱状態から見て故意だろうな。

オリパラ反対は表現の自由だが妨害は犯罪です。

仮にわざとだとしても、一国民が妨害をしても五輪は止まらない。犯罪者になるだけ。
選手の半分くらい感染すれば、止めるかもね。

故意なのかそうでないのか?
通行人が110番通報するくらいだから故意のような気がしますね。

 

いろんなことが推測されますが、故意でないなら理由を明確に言ったり、証明する手立てを考えないとね!