香川照之のキャスター抜擢の理由はなんで?東大出身の博学で経歴は?

 

俳優の香川照之さんが、情報番組の司会に初挑戦することが分かりました。

10月にスタートするTBSの午前6時台の新番組で、金曜のメインキャスターを務めるそうです。

そこで今回は、香川照之さんのキャスター抜擢の理由や、東大出身や経歴について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

香川照之のキャスター抜擢理由

俳優の香川照之さんが、情報番組の司会に初挑戦することになりましたね~

重厚な演技と、迫力のある顔つきがとても印象的ですね。

また、東大出身の博識として、子供たちへの人気もありますね。

 

香川さんが初挑戦する情報番組は、10月にスタートするTBSの午前6時台の新番組で、金曜のメインキャスターを務めるそうですが、香川さんの様々な問題の理解力や知識力なら、十分すぎる抜擢ですよね~

新番組のプロデューサーも、安住アナや自身との深い信頼関係があることから、今回の出演オファーに至ったようですね。

香川照之の経歴と学歴

プロフィール

本  名:香川 照之(かがわ てるゆき)
別 名  義: 九代目市川中車、カマキリ先生
生年月日:1965年12月7日(55歳)
出 生  地:東京都
身  長:171cm
血 液  型:AB型

生い立ち

香川照之さんは、東京都出身の55歳

香川さんの父は、歌舞伎役者の二代目市川猿翁、母は元宝塚歌劇団雪組トップ娘役で女優の浜木綿子さんです。

両親も超有名人ですが、香川さんの家族や親せきも有名人ぞろい。

両親は1968年に離婚して、浜さんが引き取って育てられたそうですね。

学歴(高校・大学)

香川照之さんの出身高校は、暁星学園です。

偏差値:70

香川さんは、小学校から暁星学園で学んでいたそうで、偏差値の凄いですね。

出身大学は、東京大学文学部社会心理学科を卒業されています。

偏差値:67.5

香川さんが東大出身というのは有名な話ですよね!

主な経歴

俳優として

香川照之さんは、1989年、NHK大河ドラマ『春日局』で俳優デビューを果たしています。

またこの頃の代表作として、『静かなるドン』シリーズがあります。

NHK大河ドラマ『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』で演じた豊臣秀吉役で、名前が広く知られるようになったようです。

2006年には、スタジオジブリのアニメーション映画『ゲド戦記』で、人狩りを生業とするクモの部下のウサギ役で、声優に初挑戦しています。

2010年には、『劒岳 点の記』で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞しています。

 

歌舞伎役者として

香川さんはテレビドラマや映画での知名度が高いですが、歌舞伎俳優としても活動されています。

2011年に香川さんは、歌舞伎俳優として九代目市川中車を襲名しています。

俳優業としては多くの有名作品に出演されていますが、その代表的なものは、やはり「半沢直樹」ではないでしょうか。

主人公のライバル、大和田常務役を演じ高い評価を受けていますね。

土下座のシーンが今でも忘れられない人は多いと思いますよ。

 

ボクシングマニアとして

また、熱狂的なボクシングファンとしても有名ですね!

少年時代に具志堅用高の試合を見たことがきっかけで、国内はもちろん、海外の試合のビデオや専門誌をも通信販売で購入して研究するほどのマニアだという。

実際に、WOWOWのボクシング番組『エキサイトマッチスペシャル』にゲスト解説者として出演した際には、その豊富な知識に、解説のジョー小泉氏や浜田剛史氏ですら番組内で舌を巻き感心するほどだったそうです。

プロボクサーよりも知識が豊富ってすごすぎますよね~

ちなみに、好きなボクサーはウイルフレド・ゴメスのようです。

その他にも昆虫好きとして、Eテレの科学系番組『香川照之の昆虫すごいぜ!』においては、カマキリの着ぐるみを着て「カマキリ先生」と名乗り、昆虫に対する並々ならぬ思いを語るなど、多くの知識を持っている香川さんです。

 

スポンサーリンク

 

みんなの声は

香川さんは役者以外でも博学なのは分かるけれど、金曜日だけとは言え、レギュラーって舞台との調整がとても難しいのでは?

無理のないようにしてください。

香川照之さんの大ファンです!
クレバーで頭の回転が早く、アドリブも効くところが大好きです。

楽しみな気持ちが大きいです。

半面、忙しい中で朝6時からの番組は、体調面でどうなのでしょうか。心配もありますね。

TBSは自局のアナウンサーを育てる気はないのでしょうか。

安住さん一人に頼っているようですが、香川さんは楽しみですが、TBSが心配です。