あおり運転はなぜ起こる?原因と撃退方法や対策・厳罰化した罰則はまだ甘い?

 

現在の車社会で大きな問題となっているのが「あおり運転」ですね。

通行を妨害する目的で、車間距離を異常なまでに詰めたり、幅寄せするなど身の危険を感じますね~

危険なあおり運転は、なぜ起こるのでしょうか。

今回は、あおり運転はなぜ起こるのか、原因と撃退方法や対策、厳罰化した罰則について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

あおり運転が起こる原因や心理は

あおり運転が起こる背景には、いったい何があるのでしょうか。

その大きな理由の一つは、「仕返し」や「正義感」のようですね。

「あおり運転」の多くは、進行の邪魔をされた、あるいは自分が先にあおられたのでムカついたという、勝手な思い込みが原因となり、おあり運転を始めてしまいます。

どうしようもありませんね!

あおり運転をした人の多くは、ルール違反の運転手を断罪してやる、やられたからやり返すといったことが要因のようです。

高速道路でよく見かける「あおり動画」では、あおられる側のクルマが追い越し車線を走っている様子が伺えます。

追い越し車線を走り続けるのは違反だとして、制裁を加えてやる、違反だということを教えてやるんだという、正義感にも似た行動に出るようですね。

あおり運転は「妨害運転罪」で厳罰化

あおり運転は今まで明確に規定されておらず、一般的には急ブレーキや車線変更を繰り返すなどして進路を妨害する、車間距離を詰める、ホーンを鳴らす、パッシングをするなどが「あおり運転」とされていました。

しかし、2020年6月30日にあおり運転を「妨害運転罪」として規定した改正道交法が施行されました。

車間距離不保持、急ブレーキ、割り込み運転、幅寄せや蛇行運転などの10類型があおり運転として定義され、摘発対象となります。

違反した場合は、免許取り消しとなり、最大で5年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられることになります。

あおり運転の定義

あおり運転は次の10類型が定義されています。

・車間距離不保持
・急ブレーキ
・割り込み運転
・幅寄せや蛇行運転
・不必要なクラクション
・危険な車線変更
・パッシング
・最低速度未満での走行
・違法な駐停車
・対向車線からの接近

【高速道路で著しい危険を生じさせた場合】
・相手車両を停車させる
・衝突事故を発生させる など

これに該当すれば、あおり運転とされ「妨害運転罪」が適用されます。

今まではきちんと規定されていませんでしたが、道交法の規定により厳罰化されたわけです。

飲酒運転が厳罰化された時は、摘発件数も大幅に減少したようですが、あおり運転が激減するまでにはまだ至ってませんね。

まだまだ、罰則が甘いのでしょうか。

あおり運転の撃退方法は

あおられたらどうする

まずは道を譲ることです。

あおり運転対策の基本は、思いやり、ゆずり合いの安全運転を基本として、なるべく早く道を譲ることが大切です。

相手が急いでイライラしていることを考え、先に行ってもらうようにしましょう。

くれぐれも張り合ったり、逃げたい一心でスピードを出すことは危険です。

特に、高速道路上での停車は危険ですので、なかなか先に行ってくれない場合には、サービスエリアやパーキングエリアに入って、相手がやり過ごすまで待ったほうが安全です。

いきなり割り込まれたらどうする

速度を落として車間をキープします。

割り込まれた場合は、決して慌てず速度を落とし、車間距離を長めにキープしましょう。

ブレーキと同時にハザードランプを付けて、後方の車に減速を知らせます。

追い回されたらどうする

人目のある場所に避難することです。

相手がしつこく追いかけられた場合には、サービスエリアやコンビニなど、人目のある所に避難しましょう。

安全な場所に停車したら、すぐに警察に知らせましょう。

相手が車を降りてきたらどうする

この場合は、絶対に表に出てはいけません!

高速道路の「あおり動画」などでよく見かけますが、相手が車を降りて自車に近づいてきても、絶対に窓やドアを開けてはいけません。

同乗者がいる場合は、スマートフォンやデジタルカメラで直ちに録画してもらいましょう。

この場合は、さりげなくスマートフォンの録画ボタンを押すようにし、露骨にカメラを向けないように注意した方が良いdす。

相手が威嚇して、怒鳴ってきても車を蹴られても、そこは我慢しないといけません。

窓ガラス越しに警察を呼んだことを伝えて、パトカーがくるまで現状を待機することです。

あおり運転防止の事前対策は

あおり運転に遭った場合の有効な対策の一つが、自動車へのドライブレコーダーの搭載ですね。

ドライブレコーダーによって、あおられた時の様子が記録され、警察や裁判所に提出されることで、捜査や被害者による告訴の際の有力な証拠となります。

前方用だけでも有効ですが、現在は後方用や前後左右全方位の状況を記録できる「360度ドライブレコーダー」も販売されております。

確実なあおり運転対策のためには、最低でも前方後方用を取り付けたいですね。

生活
スポンサーリンク
つよっしー!のブログ