天赦日と一粒万倍日の重なる日は何したらいいの?読み方やカレンダーにある?

 

日本の暦の中で、今年の6月15日は、新しいことを始めるのに最適な日とされる、天赦日と一粒万倍日が重なった最強の日のようです。

そこで今回は、何かを始める最強の人される、天赦日と一粒万倍日の重なる日に、何したらいいのか、読み方やカレンダーに掲載されているのかなどを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

天赦日の読み方と意味

天赦日の読み方

天赦日は、「てんしゃび」または「てんしゃにち」と読み、暦には「天しや」と書かれることもあるそうです。

天赦日は全ての罪を許す日

天赦日には、すべての神様が天に昇り、天が万物の罪を許す日とされています。すべての罪が許されるので、なかなか始められなかったことが何の障害もなく始められる日といわれています。

大安以上に縁起が良い日とされています。

 

天赦日の由来は

日本の暦には、暮らしに役立つ、大安や立春などの「暦注」が書かれており、さらに上段、中段、下段と3段に分かれていました。

日々の吉凶を表すものが暦の下段に書かれ、それを「暦注下段(れきちゅうげだん)」と呼んでいたそうです。

その暦注下段に書かれる日々の吉凶で、最も縁起がよいとされる日が天赦日です。

その名の由来は、中国で生まれた「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)」と「十干十二支(じっかんじゅうにし)」の2つの思想に由来するそうです。

 

天赦日に何したらいい?

縁起が最高にいいということで、「結婚」に活かせればこの上ないいい日となりますよね~

実際はすべてが天赦日になりませんから、他の吉日を入れながらになりますね。

天赦日に行うといい行事

・結納

・入籍

・引っ越し

・指輪の購入

結納や入籍、婚約指輪や結婚指輪などは、いい日を選びたいと誰もが思いますよね。

引っ越しなども、引っ越しそばなどもあるように、一大イベントですから、よく考えますね。

 

その他にも、新しいことを始めるという意味で、お店の開店や物事の契約、そしてトラブルの和解や仲直りなど、運気をアップさせるきっかけに使うといいようです。

 

一粒万倍日の読み方と意味

一粒万倍日の読み方

一粒万倍日は、「いちりゅうまんばいび」または、「いちりゅうまんばいにち」と読みます。

 

一粒万倍日の意味

一粒万倍日は、「地に蒔いた一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になる」という意味を持つ吉日です。

天赦日同様に、物事を始めるのに最適とされています。

また、この日の持つ意味から他の吉日と重なると効果が倍増するといわれる日でもあり、特に天赦日と一粒万倍日が重なる日は最強の開運日といわれています。

天赦日と一粒万倍日が重なる日はいつ?

2021年の重なる日

2021年の天赦日と一粒万倍日が重なる日は、次のとおりです。

・1月16日(土)

天赦日と一粒万倍日が重なる最強の吉日であり、土曜日ですので、結婚式の招待者などは参加しやすい日ですね。

・6月15日(火)

天赦日と一粒万倍日が重なる最強の吉日であり、さらにジューンブライドも重なり、結婚に関してはこれ以上ない日ですね~

2021年は、3月31日も、天赦日と一粒万倍日が重なる日ですが、この日は寅の日でもあるため、婚礼には向かないようです。

注意が必要ですね!

 

2022年の重なる日

2022年の天赦日と一粒万倍日が重なる日は、次のとおりです。

・1月11日(火)

天赦日と一粒万倍日が重なる最強の吉日です。

・3月26日(土)

この日は、天赦日と一粒万倍日が重なる最強の吉日ではありますが、寅の日のため気になる方は避けた方がいいでしょう。

・6月10日(金)

天赦日と一粒万倍日が重なる最強の吉日ですが、仏滅です。

 

スポンサーリンク

 

天赦日と一粒万倍日の重なる日まとめ

今回は、何かを始める最強の人される、天赦日と一粒万倍日の重なる日に、何したらいいのか、読み方やカレンダーに掲載されているのかなどを見てきました。

天赦日やと一粒万倍日などは、あまり聞きなれない言葉ですね。

今までは、大安吉日くらいしか気にかけていませんでしたが、何かを始めるには最適で、最強の日ということですから、今後は一大イベントには、取り入れてみたいと感じますね!

でも、「思い立ったら吉日」などの言葉もありますから、何をするにも本人次第ということでしょうね!

生活
スポンサーリンク
つよっしー!のブログ