メル・ロハス・ジュニアの契約金や年俸は?阪神の外人最高額に匹敵!

 

来季に16年ぶりのリーグ優勝を目指す阪神は、日米韓の3か国による争奪戦が繰り広がる中、韓国のメル・ロハス・ジュニア選手の獲得を決定的にしました。

では、3か国の争奪戦が繰り広げられるほどの人気だった、メル・ロハス・ジュニア選手!

果たして、契約金はいくらなのか、年俸はどれくらい?

などの疑問について見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

メル・ロハス・ジュニアの年度別年俸

 

2010年:MLBドラフト3位でパイレーツに入団

2016年:トレードで、ブレーブスへ

2017年度:韓国KTウィズ 40万ドルで契約

シーズンオフに100万ドルで再契約

この時は、シーズン途中でチームに加入するも、打率301・本塁打18・打点56という、成績が認められ、このような再契約となったようです。

 

2018年度:韓国KTと160万ドルで再契約

韓国KTのフランチャイズ記録を作るなど活躍したが、メジャー復帰は果たせず、再契約となりました。

2019年度:ゴールデングラブ賞を受賞するなどの活躍がありましたが、KTウィズに残留しています。

2020年度:80万ドル

 

 

メル・ロハス・ジュニアの契約金は

 

韓国KTの提示額:2年総額4億円で残留をオファー

争奪戦に参戦した日本の3球団やメジャー球団は、「2年総額6億円」以上

このような中で、阪神タイガースに決定したとなれば、当然「2年総額6億円」以上の提示額が必要となるわけです。

米球界が驚きの声を上げていることから、相当額の驚愕の数字が示されたと考えられます。

 

歴代外国人に匹敵する金額!

 

阪神の歴代外国選手の初年度年俸は、2018年のロサリオの3億4千万円が過去最高だそうです。

また、1997年のグリーンウェルが3億円で続きます。

ロハス選手が正式契約すれば、これらに匹敵する金額になると予想されます。

 

 

メル・ロハス・ジュニアにみんなの声は

 

阪神の外国人過去徳は的確な補強をしてますね。

特に今年は凄いです。

切る人はスパッと切り、下げる人は下げるというメリハリ。

資金をどこかで作らないといけないですからね。

韓国リーグからの移籍ですが、実績があって非常に楽しみ!

阪神は性格も重要視するっていうから、真面目な人が多いんでしょうね。

この選手もきっと真面目な選手なんでしょう。

阪神の今年に賭けるやる気が見えてきましたね。

今年の補強でやる気と充実感がわかりますよ

残りは抑えですよね~

スアレスは残ってくれるのかな~

でもその時はそのときか!

ドラフトと補強で今後の阪神に明かりが見えてきましたね!

補強で加入するロハスは、守備もよさそうですね。

また、走力もありそうです。

期待は大ですね。

ファンとしても開幕が待ちどおしいです。

 

さすがに阪神ファンとしては、期待度が高いですね~

直近4年間の数字があらわしている通り、期待度は大きいですよね!

しかも2020年度は、本塁打王や打点王にもなっていますしね~

年齢的にも、バリバリの30歳、阪神もいい買い物をしたといわれたいですね!!

 

関連記事はコチラ

メル・ロハス・ジュニアの経歴 パワー動画が凄い!

 

 

スポンサーリンク

 

メル・ロハス・ジュニアの契約金や年俸まとめ

 

メル・ロハス・ジュニア選手については、4年間の実績を考慮し、さらに2020年度の活躍を見ればそれ相当の金額になってきますね~

阪神外国人選手の初年度年俸を上回るような勢いですね!

まさに16年ぶりの優勝を目指せるか、大きなカギとなる選手ですね!!