【2021現在】瀬戸大也の収入源はどこ?五輪の金メダル報奨金はいくら?

 

水泳の瀬戸大也さんといえば、ダイナミックなフォームで数々の大会に優勝していますね~

しかし、自身のスキャンダルにより、スポンサー契約が解除されてしまいました。

そこで今回は、現在の瀬戸大也さんの収入源はどこなのか、そして五輪の金メダルの報奨金についても見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

瀬戸大也の違約金や賠償金はいくら?

瀬戸大也さんは自身の不倫スキャンダルで、スポンサー解除となり、違約金や賠償金が発生したのではないかと考えられ、その金額はいくらになるのでしょうか。

瀬戸さんは当時所属していたANA(全日本航空)から、不倫騒動を理由に契約を解除されています。

 

北島康介さんを見てみますと、コカ・コーラとのCM契約は、年間1億円だったそうです。

トップアスリートであれば大企業との契約金は、1億円が相場ということですね。

そのことを考量すると、瀬戸さんも同額の契約金ではなかったかと考えられますね。

 

また、夫婦で共演していた味の素のCMも契約解除となりました。

奥さんの由佳さんと、本当に爽やかで明るい雰囲気のCMは、見ていて羨ましい限りでしたね~

それを考えれば、不倫騒動は当然、会社としては看過できるものではありませんでしたね。

 

その他にも、男性用髭剃りの「ジレットスキンガード」に出演していました。

このようなことを合わせると、違約金の合計は数千万円から億単位になると予想されています。

瀬戸大也の現在の収入源はどこ

現在のスポンサーは

瀬戸さんの2021年現在は、スポンサー契約はありません。

不倫報道により、すべてのスポンサー契約が解除されてしまったようです。

ただ、不倫報道の後は、日本選手権などで実力をいかんなく発揮し、200メートル、400メートルの個人メドレーと200メートルバタフライの3種目で代表となっています。

しかし、スポンサーにおいては、瀬戸さんの活躍に伴うことなく、1社も名乗り出ていないのが現状です。

 

瀬戸さんの収入源は今のところは、これといったものがなく、今まで稼いだ貯金を取り崩していると考えられます。

スポンサー契約で入ってきたお金は莫大でしたが、スキャンダルにより失ったのはお金のほかに、信用も失ってしまいましたから、なかなか取り戻すには時間がかかるようですね!

東京五輪の金メダルの報奨金はいくら

東京五輪の金メダルのJOC(日本オリンピック委員会)からの報奨金は、次のとおりです。

・金メダル:500万円

・銀メダル:200万円

・銅メダル:100万円

前回大会のリオ五輪では、金メダルの報奨金は300万円でした。

しかし、今回の東京五輪では500万円に引き上げられました。

瀬戸大也の出場種目は

瀬戸大也さんの出場種目は何種類あるのでしょうか。

瀬戸さんは、次の3種目に出場されます。

 

・200メートル個人メドレー

・400メートル個人メドレー

・200メートルバタフライ

 

今回、すべて金メダルを獲得した場合は、1500万円になるわけですね!

瀬戸さんが今欲しいのは、お金もあると思いますが、それ以上に、金メダルを取って信頼を取り戻すことだと思います。

でも、「メダル=信頼」とは一概に言えないかもしれませんね。

前途多難でしょうけれど、ぜひ頑張ってもらいたいですね!!

 

スポンサーリンク

 

瀬戸大也の収入源まとめ

今回は、現在の瀬戸大也さんの収入源はどこなのか、そして五輪の金メダルの報奨金についても見てきました。

瀬戸大也さんは、不倫というスキャンダルにより、多くのスポンサー契約が解除となってしまいましたね。

 

不倫報道後の記録については申し分ないのですが、スポンサーが戻ってこない現状にあるようです。

すぐには信用を取り戻すことはできないかもしれませんが、ぜひ頑張ってもらいたいと思います。