永井秀樹の経歴と学歴!出身高校や大学はどこ?パワハラで体調不良者続出!?

 

サッカーの永井秀樹さんといえば、ベルディ川崎で活躍され、現在は東京ヴェルディの監督をされていますね。

そんな永井監督にパワハラの噂が!

今回は、パワハラで体調不良者続出の噂がある、永井秀樹さんの経歴と学歴!出身高校や大学について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

永井秀樹監督のパワハラの噂は!?

東京ヴェルディといえば、ラモス瑠偉さん、三浦知良さん、前園真聖さん、武田修宏さんなど数多くのスターを輩出してきたチームですよね~

そのチームにパワハラの噂があるようです。

それは、2018年からヴェルディでプレーしている、奈良輪雄太選手ですが、試合には5月5日以降、出場しておらず、6月半ばからは練習も欠席し続けているという。

しかも周囲には『サッカーを辞めたい』とまで話しているそうです。

 

ただ事ではないとみたチームでは、奈良輪選手に事情を聞いたところ、「永井監督の指導」が大きな理由であるという。

試合に負けると不機嫌になって手がつけられず、試合でミスをした選手の動画を切り取っては繰り返し再生し、怒鳴り散らす。

さらに、委縮する選手を30分近く吊し上げたり、気に入らない選手には、練習時に掛け声ひとつかけないという。

 

奈良輪選手もこれで参ってしまったようです。

他にも同様な態度をとられた選手がおり、委縮したり、最悪入院する選手もいるそうです。

しかし体調不良とパワハラの因果関係については、現在のところはっきりしていません。

 

永井秀樹のプロフィールと経歴

 

氏名:永井秀樹

生年月日:1971年1月26日

年齢:50歳

出身地:大分県

身長:174cm

体重:69kg

 

永井秀樹さんは、1992年にヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ)に入団します。

1999年に横浜F・マリノス、2001年に東京Vへそれぞれ移籍

2002年に東京Vから戦力外通告を受けて解雇

 

2006年はJ2降格になった古巣東京Vに復帰し、スーパーサブとしてラモス瑠偉監督からの信頼を得ています。

その後、2014年に東京Vに入団し、7年ぶりの5回目の復帰を果たす。

2016年のシーズンを最後に引退

2017年、東京ヴェルディユース監督兼GM補佐に就任

2019年、成績不振を理由にギャリー・ジョン・ホワイト監督が退任し、永井秀樹さんが監督に就任する。

 

永井秀樹の学歴(出身高校・大学)

永井秀樹さんの出身高校は、長崎県立国見高校です。

国見高校と言えばサッカーの強豪校として有名ですね~

例年1月に行われる全国高校サッカーの常連校として、なを馳せていますね!

高校卒業後は、国士舘大学に入学し、バルセロナオリンピック最終予選に出場するも、本大会の出場権を取れなかったことで大学を中退してしまいます。

そして、1992年にヴェルディ川崎に入団することになります。

 

スポンサーリンク

 

みんなの声は

これが事実だったら解任ものだし、解任しなかったら経営陣も疑う。

ユース監督の頃からこんな話あがってたし、
その前の現役の頃から横柄な態度も耳にしていました。本質は変わってないんでしょう。

恐怖や苦しみを伴うものには、人はついていかないんじゃないかと思う。

時代遅れもいいところですね。

もっと伸び伸びとプレーできる環境があるはずですよね。

寂しい限りですね。