籾井あきのwiki経歴や中学・高校!両親の国籍|ハーフでかわいいインスタ画像

 

東京五輪の女子バレーボールも、勝利とはいえ、アクシデントがあり、厳しいスタートになりましたね。

そこで今回は、正セッターに成長した、籾井あき選手の経歴や中学・高校、両親の国籍やハーフでかわいいインスタ画像を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

籾井あきwiki経歴

プロフィール

生年月日:2000年10月7日

年  齢:20歳

出 身  地:神奈川県相模原市

身  長:176cm

体  重:65kg

血 液 型:AB型

所  属: JTマーヴェラス

主な経歴

2019年:JTマーヴェラスに内定選手として入団

新人として臨んだシーズンのV1開幕戦で、先発に抜擢され、開幕戦で早くも初出場を果たす。

以降、出場を続けてチームの優勝に貢献し、自身もベスト6に選出される。

2021年:五輪イヤーに初めて日本代表に選出される。

 

籾井あき選手は、神奈川県相模原市の出身で、現在20歳

小2の頃に、家の近くにバレーボールチームがあり、友達に誘われたのをきっかけにバレーボールを始めたそうです。

出身中学・高校は

籾井あき選手の出身中学は、相模原市立中央中学校です。

中学校ではクラフト部に入部したり、テニスをやったり、バレーボールとは関係ないクラブ活動をしていたそうです。

バレーボールを始めるきっかけとなったのは、中学3年生の時に、バレーボール経験のない先生が顧問になってからでした。

 

バレーボール部の方針が変わり、練習方法やミーティングも自分たちが主導で行うことになりました。

その方法が籾井選手にピッタリ合っていたようで、見る間に才能を開花させていきます。

 

神奈川県大会では、ベスト16まで進出し、個人ではJOC(全国都道府県対抗中学バレーボール大会)の代表に入り、優秀選手にも選出されています。

まさにバレーボールが天性のものだった訳ですね~

その後は、バレーボールの名門校である、八王子実践高校からスカウトされ、入学しています。

 

父親・母親の国籍は?ハーフ?

 

籾井あき選手といえば、特徴的な鼻と大きな目が可愛いですね~

その顔立ちは、見た感じでもハーフなのかなと思えますね。

籾井あき選手の父親は、ペルー人とスペイン人を両親に持っています。

母親は、ペルー人と日本人を両親に持っています。

ということで、籾井選手はペルー・スペイン・日本の血を受け継ぐクウォーターということになります。

 

籾井選手の国籍は、高校卒業までペルー国籍でした。

しかし、高校を卒業後、日本たばこ産業の女子バレーボールチーム「JTマーヴェラス」に入部した際に、日本国籍に変えたようです。

その結果、今度の東京五輪では日本代表として選出されていますね。

 

かわいいインスタ画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

efc_pic(@efc_pic)がシェアした投稿

 

スポンサーリンク

 

みんなの声は

籾井選手はミスが少なく、ミスしてもすぐに立て直しも出来てるし、見ていて不安が少ないと思います。

20歳とは思えないプレーの数々ですね~

チームメイトからの信頼がある事も画面越しにわかります。

籾井選手、日本人になってくれてありがとう!

素晴らしいセッターです。

視野が広くて切り替えが早い。

籾井選手ガンバレ!